未分類

子どもにお餅、いつから食べさせる?

お餅が美味しい季節がやってきましたね。

毎年、Yahoo検索で上位に出てくるこの記事なのですが、ブログからこちらのページに移動しました。

「子どもにお餅、いつから食べさせる?」の記事は、毎年Yahoo検索で上位にあがっています。

 →Yahoo検索で1位と3位

みなさま、

お子様へお餅を食べさせて良いのか

どう食べさせたら良いのか

悩まれてたどり着いてくださっているのですよね^^

 

 

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです😊

 

 

未就学児のお子様を持つお母さんからは

◯お餅は何歳から食べさせて良いですか?

◯オススメのお餅のメーカーはありますか?

◯食べさせるときの注意点はありますか?

 

の3点を主にご相談いただきます。

 

 

まずは1つ目の質問。

 

◯お餅は何歳から食べさせて良いですか?

 

個人差がありますが、

 

奥歯が生えていて、奥歯でしっかりと噛めるくらいになったら安心かと思います。

年齢で言うと、だいたい3歳すぎからをオススメしています

 

離乳食中の赤ちゃんはもちろん、1歳半前後の完了期の子どもも咀嚼力、飲み込む力はまだまだ弱いです

 

歯が生え揃っても、大人と同じ食事が食べらるとは限りません。

お子様の様子を見ながら少しずつ、与えてみてください。

もちろん、まだちゃんと噛めない子、丸呑みグセのある子には与えないほうが安心です

 

でも、赤ちゃんにでも小さく切ってあげたら良いんじゃないの?

 

という声が聞こえてきそうなので書きます

 

カミカミがちゃんとできて

 

自分の子

 

なら好きに与えて構いません

 

何があっても、自己責任にはなります。

間違っても、他人の子にはむやみに与えないようにしましょう

お預かりしている子やお友達にお餅を与えることはオススメしません。

なぜ小さく切って与えてもダメかというと…

小さく切って与えても、お餅の粘り気はかわりません。

噛むこと・飲み込むことは、歯と舌だけの運動ではなく「唾液」も仲間に入って初めて成り立ちますよく噛むことで唾液が分泌され、噛んで細くなった食べ物が唾液とまざって飲み込みやすくなるのです。

これが、カミカミがちゃんとできない子には難しいので、喉に張り付いたり窒息の原因になります

つまり、危険だということです

 

参考までに食べる仕組みの画像を載せます

{E74E6A47-AD1C-49BA-A638-6B92A1C16E0F:01}

 

※画像はお借りしました

 

お餅で子どもが窒息する事故は、常に

 

3位以内にあります。

 

なので、お餅のかわりに

 

豆腐多めの白玉お麩がオススメです

{D733046D-2E88-4FF6-B163-66EE0DF30A8A}

2016年 お餅が詰まっての死亡事故がおきました!

 

今年も残りわずか。

 

みなさまにとって、良い年末でありますように^^

-未分類

Copyright© 現役管理栄養士ワーママの「smile Life」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ