子育てに仕事に家事に追われる毎日・・・。「もういや!」と思うことはありませんか?このサイトでは、子育て・家事・仕事の負担を軽くする方法をお伝えします。

現役ワーママが伝える主婦の働き方改革

講師プロフィール(新)

初めまして

 

やなぎさわえりなです

 

現在、2人の子の育児に奮闘しながら、仕事、家事に追われている日々です。

 

 

管理栄養士の資格を持ち、食育クラスを開催したりや市等で食育講座を行わせて頂いています。

 

わたしが教室を立ち上げようと思ったきっかけは、自身が子どもを産んでからのことでした。

 

それまでは老人ホームや障がい者施設で働いており、「子どもの食育」とは無縁の世界にいました。

 

ところが、自分の子どもの食事に関わるようになってから管理栄養士の知識が役に立ち、

 

友人や周囲の人の「子どもの食事相談」にのるようになってから

 

「こんなに子どもの食事で悩んでいるお母さんがいるのか!」と実感し

 

子連れで気軽に参加できる、そしてお母さんの憩いの場になれるよう「食育教室 ひなたぼっこ」を立ち上げました。

 

ですが、子育てをしている中で日々実感する世間の大人から向けられる「育児中ママへの反感」に疑問を抱き始めました。

 

「子どもを泣かせるな」

「親ならちゃんとしつけておけ」

「子どもから目を離すな」

「母親はきちんと食事を手作りするものだ」

「子どもを置いて息抜きなんて何様だ」

 

等といった風潮が、ママをどんどん孤立させ、ネグレクトや虐待に繋がっているのではないかと考えています。

 

わたし自身、母からきちんと世話をしてもらったことがなく、手作りの食事を食べた記憶がありません。

ほぼ一緒に暮らしたことがなく、授業参観や運動会、入学式や卒業式、発表会等にきてくれたことは一度もありません。

 

わたしはとても寂しい思いを氏、母を恨みました。

 

ですが、自身も母になって実感したのは、子育てする環境がおやこの生活を左右するということです。

 

周囲の大人が温かい目でおやこを見守ったら、ネグレクトや虐待はもっともっと減るはず。

 

世の中から、孤独のお母さんを減らしたい。

 

孤立するお母さんを救いたい。

 

わたしはお母さん達の応援団として「主婦の働き方改革」をお伝えしていきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

事業概要

所在地:神奈川県大和市

営業日:平日10:00~16:00(土日祝日休み)

メールアドレス:erina.y@shoku.com

是非、お気軽にご利用ください。

お申込み・お問い合わせ

電話番号
090-6031-0828

営業時間
平日10:0016:00(土日・祝日休み)

Copyright© 現役ワーママが伝える主婦の働き方改革 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.